基礎代謝を効率良く上げる方法は?

普段から心がけておくこと

基礎代謝を上げるには、どうすればいいのでしょうか。 実は10代をピークとして、その後は年齢と共に下がっていくそうです。 特に40代を過ぎたころから急激に下がってしまいます。

では、出来る限り下げない方法はあるのでしょうか。 筋肉に低下が原因であるという説もあります。 下げないようにする手段の一つとして、日頃から筋肉を鍛えておくということです。 筋肉を鍛えて増やすという方法は、ダイエット効果も期待できます。

そして、食事の献立の工夫でも改善することができます。 特に夕食のメニューでは、脂肪分の少ない食事を心がけて取ると、数ヵ月後には、改善でき発熱効果も出てきます。 その上で、さらに筋肉を鍛えると、さらに上げることができるという症例もあります。

また冬の寒い時期に効果があります。 外が寒いと、人間の体は寒さから身を守ろうとして体温を維持させようと発熱する方法を取ります。 発熱するということは、エネルギーを燃焼します。 エネルギーを燃焼させる方法を取ることは、上がるということになります。 逆に真夏の時期は、暑いので発熱する必要もなくなります。

暑い真夏にはあまり食用もなくなり、夏バテという状態となり水分だけを摂取しがちです。 真夏の暑さの中では、人間の体は基礎代謝を上げる必要はないからです。

このような季節による上がり下がりを上手く利用するのも、一つの手段ともいえます。 その原理を上手く利用するには、真冬の寒い状態の中、薄着で過ごすことにすると体温を維持しようとして、エネルギーを燃焼して発熱し、基礎代謝を上げることとなります。

飲みのもにも気をつけて

生命を維持するために必要な最低限の基礎代謝は、睡眠中でも行われています。実は、 良い睡眠をすれば、効果的な手段になるのです。人間の体は、睡眠中に筋肉を作りたんぱく質を合成しています。 筋肉の増強も大きく影響します。 よい筋肉を作ることが大切なのです。

この他に、コーヒーを飲むのもお勧めです。 コーヒーの中に含まれているカフェインの作用が、手助けとなります。 カフェインは、褐色脂肪細胞に作用して、脂肪を燃焼させることができます。 脂肪が燃焼されると、熱エネルギーとなり上がるというわけです。

コーヒーには、カフェインの他にクロロゲン酸というものを含んでおり、これも脂肪の分解を助ける作用があると言われています。 その他の飲み物で、カフェインを含んだ物を飲むことも、方法になります。 栄養ドリンク、コーラ、ココア、緑茶などを飲むことも方法の一つでしょう。 お茶のなかでは、特にプーアール茶を飲むことが、一番大事な方法といえるかもしれません。

中華料理は、殆どが油を使用しています。 そのため燃焼させる方法として、お茶を飲むということに繋がったのではないでしょうか。 その他の方法としては、1日当たり2リットルの水を飲むという方法があります。

カフェインには、基礎代謝を上げる作用と同時に利尿作用もあります。 カフェインを多く取り過ぎると、体の水分が不足してしまいます。 その水分を補給しながら、水を摂取するという方法になるというわけです。