基礎代謝を上げるための期間はどのくらい

季節と関係はあり??

基礎代謝を上げるための期間としては、何をどれくらい取りいれた方法が良いのでしょうか。

一般的に、季節は、真夏より冬の期間の方が有利であるようです。 冬は、体温が低くなるので、体温を維持するために体が働き、体内でエネルギーを燃焼して体温を上げようとするからです。

上げることを始めるには、暑い夏場より冬の期間からスタートする法の方がやり易く、持続できるかもしれません。 夏場の期間は、暑いので人間の体が体温を上げる必要はないので、夏場から運動を取り入れてみても、数字は変らないかもしれないからです。

また、効果があると言われている、有酸素運動としてのウォーキングを急に夏場の期間から始める方法を取り入れても、気温が高く熱中症などの危険ということにもなりかねないからです。

どうしても夏場の期間から始めたいというのであれば、ジムなどの空調が効いている施設を利用するという方法を取り入れる必要があります。

徐々に秋や冬の期間から始める方法を取った方が、寒さなどに対する体力のアップに繋がり、効果も出てくるかもしれません。 実際、人間は冬の方が自然な形で基礎代謝を上げることをしています。

その上で、筋肉を増強するための運動を取り入れた方が、よりいっそう基礎代謝の量の数値が上がる可能性があります。 今まで何もしていなかった人が、急に基礎代謝を上げるという目的のために有酸素運動をするのですから、実際に効果が出ているという証があれば、もっと励みとなるはずです。

今まで使っていなかった筋肉では、神経の発達が未熟となっているので、運動をとりいれても、最初の1ヶ月間は運動の効果が現れてこないことが多いようです。

諦めるという人も多いので、秋から初めの1ヶ月間の期間を設定するという方法を取った場合には、自然状況も加わり、数値が上がり易いのではないでしょうか。

3カ月までガマンが必要??

有酸素運動をスタートしてから2~3カ月間の期間を過ぎたころには、多くの人が5%~10%の筋力がアップしたという統計もあります。 また体内の細胞は3カ月の期間で入れ変わるということから、この方法を取り入れてから3月間過ぎた当たりにようやく効果が現れてきます。

冬の寒い期間が良いタイミングといえます。 その期間に、基礎代謝を上げるために薄着の生活をする方法を取り入れます。 薄着になれば、人間の自然な基礎代謝が上げるということが加わってくるので、数値としては、大きくアップします。

それに加えて、体内を温める飲み物などを摂取する事や毎日の食事を改善する献立に変更するという手段を取り入れれば、数値はアップするでしょう。 食事や、日常生活も夏場の食欲のない期間より食欲の上がる秋などから始めるの方が、美味しく感じられるかもしれません。

筋肉を増強する運動は、持続しないと基礎代謝を上げるということにつながりません。 筋肉を増強する運動には、3つの重要なポイントがあるようです。

運動の強度・量・頻度ということです。

特に頻度が重要となると言われています。 同じ場所を毎日鍛えるのは、逆にその筋肉の繊維を破壊する可能性もあります。 同じ場所を鍛える方法をとる場合は、3~4日期間をあけて運動をする方法の方が良いかと思われます。