基礎代謝とは何か?

エネルギーの違いから考える

基礎代謝とは何でしょう。私達人間は何もしない状態でいても、エネルギーを消費しています。 何もしないで目を覚ました状態で絶対安静を保つことを基礎代謝状態といいます。 その絶対安静状態で消費する熱エネルギーを基礎代謝量といいます。 この絶対安静状態でも、人間の体は正常な機能を働かせています。

その上で、具体的に身体を動かす、また傷を受けた細胞を修復する、あるいは成長するためには、エネルギーが必要となります。 この時のエネルギーとなるものは、食べ物の中に含まれている、たんぱく質・脂肪・炭水化物・アルコールから作られます。 1グラムのたんぱく質と炭水化物から4キロカロリー、脂肪から9キロカロリーの熱エネルギーが得られます。

空腹の状態で横になり身体的・精神的に安静を保っている状態でも、人間の体は心臓が動き、呼吸をし、体温を一定に保っています。 人間が生きていく上での最低限の維持機能を保つために必要なエネルギーのことを呼びます。

このような状態で消費されるエネルギーが基礎代謝というわけです。 心臓、肺、肝臓、腎臓、筋肉、脳や神経の消費エネルギーをまとめたものがそれになります。この臓器のなかで最もエネルギーを消費しているのが、肝臓です。

計る条件としては、食事をとってから12時間以上経過し、十分な睡眠を取り、精神的に安定した状態であり、計る人がいる室内の温度が15℃から25℃であることが必須条件となります。 量は通常、呼吸による酸素消費量と二酸化炭素料から計算されます。

年齢による違い

成人日本人は1200~1400キロカロリーで、欧米人は1600~2000キロカロリーとなり、欧米人の方が量が多いようです。 そのの量は、心筋・呼吸筋・消化器や血管の筋肉を動かすエネルギーの量を示し、他に膵臓・腎臓・肝臓・唾液線・下垂体からの分泌液を出すためのエネルギーも含まれています。

また、体の表面積に比例すると言われています。 人間の場合は、性別・年齢などが同じであれば一定していると言われています。

これに影響を与える原因となるものは、甲状腺ホルモン、男性ホルモン、成長ホルモン等があり、その他に季節や発熱、栄養状態も影響すると言われています。

また、1歳の幼児と80歳の老人の量を比べてみると、1歳児は80歳の老人の約2倍と考えられています。 日常生活を生きていく上で、幼児の方が老人より基礎代謝を上げるような生活をしているということになります。

同一人物で量を量る場合、年齢・性別・体表面積が同一のグループの標準値との偏差値の事を基礎代謝率といいます。 この時、標準値と自分の実際値の偏差が10%内なら正常といえるようです。