呼吸で変る!!

腹式呼吸を意識を!!

基礎代謝を上げる呼吸法はあるのでしょうか。 基礎代謝は、何もしていない状態でのエネルギーを消費することを意味しています。 眠っている間でも、エネルギーは消費されていますが、起きている時に呼吸の仕方を変えると、より多くのエネルギーが消費され改善されます。

よく言われている呼吸の仕方は、腹式呼吸です。 腹式呼吸という呼吸の仕方は、赤ちゃんがしている呼吸の方法です。 赤ちゃんは、老人の2倍の基礎代謝をしていると言われています。 そして赤ちゃんの新陳代謝は、早いものです。 生後1年までに、身体の細胞を成長させています。

人間が眠っている間に取っている呼吸の仕方は、腹式呼吸と言われています。 無意識のうちに腹式という呼吸をおこなっているようです。 腹式呼吸とでは、胸の大胸筋が使われているので、自然に筋肉が鍛えられて改善につながります。

そして起きている時は、通常胸式呼吸をおこなっていますが、これを腹式呼吸へ換えるだけで筋肉が鍛えられ基礎代謝が上がるということになります。

腹式呼吸は、吸い込んだ空気をおなかにためこんで、口から吐き出すだけという呼吸です。 しかし、意識しないと胸式呼吸になってしまいます。

お腹を膨らませたりへこませてする呼吸の仕方としての腹式呼吸は、自然にお腹の筋肉も使うので、おなかの筋肉も鍛えられていきます。 筋肉が鍛えられるということは、改善に繋がっていきます。

そのためには、30秒間おなかをへこませた状態にしておく必要があります。 腹式呼吸をするということは、日常の仕事中でも意識すればできる手段です。 通勤の電車やバスの中でも、意識さえすればどこでもできるます。

腹式呼吸をすることで、腹横筋などの体幹部の筋肉に刺激を与えることができます。 体幹部の筋肉が刺激を受けることにより、筋力も増え、効果的です。

二酸化炭素の量と比例する

そのためには、30秒間おなかをへこませた状態にしておく必要があります。 腹式呼吸をするという方法は、日常の仕事中でも意識すればできる方法です。 通勤の電車やバスの中でも、意識さえすればどこでもできる方法です。

腹式呼吸をすることで、腹横筋などの体幹部の筋肉に刺激を与えることができます。 体幹部の筋肉が刺激を受けることにより、筋力も上がり、改善につながるということになります。

基礎代謝の量は、呼吸した時に出るに二酸化炭素の量に比例します。 体は活動した後に排ガスとして、二酸化炭素を出すからです。 活動した量が多い、つまりエネルギーを燃焼して基礎代謝が上がっている人こそ、二酸化炭素の量が多いということになります。

また泡が出る炭酸が入っている飲み物を、体の中に取りこむと、体は血液仲の酸素を増やそうとして、血管が拡張され血行がよくなります。 この時、老廃物も一緒に運ばれていくので、体の不要な物を排出し易い体へ変化し、自然に基礎代謝が上がるということになります。

炭酸ガスが入っている飲み物を飲むという方法は、満腹感があるので、ダイエットには最適な方法といえます。 同じ理由で、炭酸ガスの入浴剤を入れて入浴するという方法もあります。

一種の酸素欠乏症のような状態を作るという方法になります。 特に入浴中では、血管も拡張していますので、老廃物も排出しやすく基礎代謝が上がるということです。 このように上手く二酸化炭素を利用する方法で、基礎代謝も上がっていきます。