基礎代謝量の計算式

p3

ダイエットを始める時には自分の基礎代謝量や消費カロリーを調べて、食事制限などの参考にする人も多いかと思います。

インターネットで検索すると、身長、体重、年齢を入れると基礎代謝量が算出されるものが数多くあります。その中には、計算式などが記載されていないものもあります。

実はインターネット上で基礎代謝の計算式は①~⑤でほとんど行われています。いったいどれが正しいのでしょうか?

keisanhe

基礎代謝の計算式は5タイプ

①厚生労働省
日本人の食事摂取基準(2005 年版)基礎代謝基準値に元の計算
基礎代謝量=基礎代謝基準値×体重(kg)

②ハリス・ベネディクト(Harris-Benedict)の計算式
男性: 66.47+(13.75×W)+(5.00×H)-(6.78×A)
女性: 655.1+(9.56×W)+(1.85×H)-(4.68×A)
W:実測体重(kg)H:身長(cm)A:年齢(歳)

③ハリス・ベネディクト方程式(日本人版) 計算式
男性:66+13.7×体重kg+5.0×身長cm-6.8×年齢
女性:665.1+9.6×体重kg+1.7×身長cm-7.0×年齢

④国立健康・栄養研究所
国立健康・栄養研究所の式(Ganpule et al., 2007)
基礎代謝量=((0.1238+(0.0481×体重kg)+(0.0234×身長cm)-(0.0138×年齢)-性別*1))×1000/4.186
注)*1;男性=0.5473×1、女性=0.5473×2

⑤国立スポーツ科学センター(JISS)
基礎代謝量=28.5×除脂肪体重
除脂肪体重=体重-脂肪量
脂肪量=体重×体脂肪率

 5タイプを比較

5の式は計算式が異なるので入力するデータが同じでも結果が変わってきます。色々なサイトで計算した人は、基礎代謝量の値が異なるので迷ってしまいます。

身長、体重、年齢、体脂肪を変化させた時に基礎代謝量の変化をグラフで確認してみました。(基本データ 身長 170cm 体重 63kg 年齢 30歳として、身長、体重、年齢を変化)

結果

②>③>④>① で高くなる傾向ありました。
①厚生労働省
②ハリス・ベネディクト(Harris-Benedict)
③ハリス・ベネディクト方程式(日本人版)
④国立健康・栄養研究所
⑤国立スポーツ科学センター(JISS)

どの計算式も言えることは
 年齢が増えると基礎代謝量は減る。
体重が増えると基礎代謝量は増える。
身長が高くなると増える。(①は身長が式に入っていないので変化なし)

⑤は体脂肪が増えると減る。体重が増えると増える。
① ②③④身長 173cm 体重 63Kg
g16
① ②③④身長 173cm 年齢30才

g17

① ②③④体重 63Kg 年齢30才

g18

⑤体重63Kg

g19

⑤体脂肪率 20%

g20

まとめ

基礎代謝量を計算式によって、結果がかなり変わりますが、体重が増えたり身長が高くなったりすると基礎代謝量は増える傾向にあります。

どれが正しいというよりも、目安として参考にする使い方が良さそうです。

筋肉などを増やした確認として、基礎代謝量を確認したい人は国立スポーツ科学センターの計算式を頭に入れて、除脂肪体重を増やすことができているか体脂肪計などを使って確認すると良いでしょう。

関連記事

カテゴリー