基礎代謝を上げる食べ物はどんなものか?

筋肉が強化される食べ物がお勧め

人間の体は、食べ物を摂取して栄養素を体内に取り込んでエネルギーして活動をしています。 動かなくても、横になっているだけでも人間の体の筋肉や細胞は働いており、この時の消費するエネルギーのこと基礎代謝と呼びます。

これが、1日生きていく上での最低限のエネルギー消費量となります。 健康な体を維持したままで、痩せるためには、基礎代謝の量以上、消費エネルギー以下の食べ物の量にコントロールすることが大切なことです。

毎日の食事のカロリーや食べ物の選ぶ方が痩せるためには大切になってきます。 基礎代謝を上げる作用を持つ食べ物とは、どんなものがあるのでしようか?

その中の一つにマグネシウムがあります。マグネシウムには脂肪の燃焼を助ける作用があります。 納豆、牛乳、ほうれんそう、豆腐に含まれています。

牛乳と豆腐には高タンパク質が含まれており、低カロリーな食べ物なので、筋肉の増強にもなります。 効果的な作用と低カロリーということは、健康なダイエットにつなげることができます。毎日の食べ物を注意深く選ぶことは、両面で効果的といえます。

マグネシウムに高タンパク質と低カロリーの食べ物を摂取する方法を加えると、人間の体はエネルギーを燃焼しやすくなります。その上で、ビタミンやミネラルを含んだ緑黄色野菜を摂取し、毎日の食べ物の栄養バランスを考えて食べることにより、効果的な食事になります。

また、せっかくのこのような効果のある献立の食事を食べる場合でも、自分で「おいしい!!楽しい!!」などと思いながら食べ物を摂取することが継続できることにつながります。「おいしい」と思いながら食べることにより、自律神経が刺激されていきます。 自律神経を刺激する方法を取りながら、食べると代謝が高まります。

栄養のバランスも大切です。

一般的に外食のメニューは、高カロリーなものが多いようです。 高カロリーなメニューを避けて外食する方法が大切です。 外食メニューでも、魚なら刺身、肉ならゆでる方法の方がカロリーは低いものです。

単品としての「丼もの」を避けて、できるだけいろいろな具材料が摂取できる「定食」を食べる方法がカロリーが低いと言われています。

どうしても単品を選ばなければならない場合は、その中にできるだけたくさんの野菜や魚、肉などの種類が入っているものを食べる方法にすれば、バランスよくビタミン、ミネラルも一緒に摂取できます。

逆に肉類や魚が入っているとカロリーが高くなると思い、野菜サラダのみという方法の食事をすると、たんぱく質が不足してエネルギーの消費が低下し、良い結果につながることができません。

ご飯とパンでは、ご飯を食べる方が、GI値が低くインシュリンの分泌量が少なく、太りにくいと言えるでしょう。 また同じご飯でも冷たいご飯を食べるより、温かいご飯を食べる法の方が、自律神経を刺激して、食後のエネルギー代謝が高くなるので、エネルギーを体温に換えてくれるので、ダイエットに良い結果につながります。

フルーツには、果糖というものが含まれていて、中性脂肪になりやすい物質です。 朝にフルーツを食べることは、エネルギーとして消費され効果的です。

夜にフルーツを食べるとと、脂肪細胞になってしまい、エネルギーを消費することにはならないので、良くありません。フルーツのなかでも、りんごにはペクチンという食物繊維が含まれているので、便秘を予防することができます。