基礎代謝を上げる運動はどんなもの?

ウォーキングがお勧め

基礎代謝を上げる手段の一つとして、運動するということがあります。 といっても、特に筋肉を鍛えることをしないと意味がありません。 なぜなら、人間の体の中で一番代謝している場所が筋肉だからです。

筋肉は激しい収縮運動をするので、最もエネルギーを必要としている場所です。 その筋肉を鍛えるには、無酸素運動があります。 そのなかでも、ダンベルを使用する方法が最もエネルギーを消費するので、効果的です。 ダンベルを使用すると、酸素を使わずに一瞬で筋肉を鍛えることができます。

筋肉のなかでも特に腹筋・手足の筋肉を鍛えることが大事です。 無酸素運動は、筋肉を鍛え増やすことができる手段です。 その上で、腹式呼吸をして横隔膜を強くする方法をとります。 さらに、有酸素運動を加えることをすると有効です。

有酸素運動では、肺や心臓を鍛えます。 肺や心臓が鍛えられると、基礎代謝を上げることができ、体の持久力が上がるので、脂肪が効率よく燃焼されるというわけです。 代表的なものがウォーキングです。

有酸素運動を40分続けましょう

体内に酸素を多く取りこむと、体脂肪が分解され脂肪酸に換えられます。 脂肪酸が血中に取りこまれ、筋肉に運ばれてエネルギーとして使われるので、効果的です。

ウォーキングは、40分続けないと効果が薄くなります。 開始してから最初の20分間は、血液中や筋肉や肝臓に蓄えられている炭水化物をエネルギーに変えている時間だからです。 その後に体脂肪が燃焼されるということです。

適度に運動をし、筋肉を増やすようにダイエットすると、たくさん食べても太りにくい体質に変わっていきます。 ダイエットのために無理に食事制限をすることもなく、健康を維持できる効率の良い方法といえます。

基礎代謝が上がらないと、脂肪がつきやすい体質となってしまいます。 筋肉をつけるには、無酸素運動をするのがお勧めです。 基礎代謝が上がると、就寝している時でも脂肪を燃焼できる体になります。

夕食後の30分間は、家事をしたり有酸素運動をする方法をとると、内臓の脂肪が燃焼しやすくなります。 日常的に、無酸素・有酸素運動を組み合わせる大事なことになるでしょう。